【あのユナイテッド航空は今…】

おはようございます。
自己表現に自信が持てるようになる、
ステージ・デライト・プレゼンメソッド
ファウンダーの神崇仁(こうたかひと)です。

今、アリゾナ州フェニックスに来ています。

暑い〜。
カラッとしてますが、43℃です。

自分のメソッドをやろう!
そう決めたきっかけとなった場所を
再び訪れています。

さて、日本からフェニックスまでの道中、
気づいたことがありました。
それは人と関わる時、
それがどんなシーンであっても
どれもプレゼンなんだ、ってこと。

機内のCAさん。

日本からロスまではANAさんでした。

本当に素晴らしい対応と、反応っぷり。
チーフパーサーの方にご挨拶いただいた時、
見事なエレベーターピッチでした。

ロスからの便は、あのユナイテッド。。。

以前に比べると、
とっても素晴らしい機内サービスでした。
(ANAとは比べられませんが)
何より、楽しそうに見えた!

フェニックスは、ホテルのレストランで、
サーブしてくれたのが、
デイヴィッドさん。

笑顔、タイミング、売り込み、
なんでも嫌味がなく、
こちらが見てて、感激したくらい。。。

共通して言えるのは、
楽しんでる『ように』見えるか、

誇りを持って仕事をしている
『ように』見えるか。

楽しいか、誇りを持っているか、
そんなことよりも、
人が見たときに、
それが見て取れるかどうか…

そういう人は、扱われ方も違う。。。

ようはどっちが先かってことですよね。

プレゼンも、自信を持ってるからできるか、
自信があるように振る舞うか。。。

自信があるように見えるのは、
『見せ方』=技術です。
内側の克服も、
スキルを身につければ、容易くなる。

そう思います。

今日も、あなたのプレゼン、
コミュニケーションに価値ある
瞬間が訪れますように。

行ってらっしゃいませ!

神崇仁

追伸:
7月25日東京で
7つの失敗スイッチの外し方体験講座やります!

7つの失敗スイッチの外し方とは。。。?
こちらから…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加